博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>診療項目

| インプラント |

他の医院でインプラントは無理だと言われた方へ

これまでは、顎の骨の高さ・幅が少ない場合、インプラント治療を行うことはできませんでした。
しかし、現在は「GBR」「サイナスリフト」「ソケットリフト」「スプリットクレスト」などを行うことによって、インプラント治療が可能になりました。他院でインプラントは無理だと言われた方も、当院にご相談ください。

GBR(骨再生誘導法)

インプラントを埋入する部位の顎の骨の量が足りない場合に、特殊な膜や人工骨を使って骨を創り、インプラント治療を可能にする方法です。 症例によってインプラント埋入前に前もって行う場合とインプラント埋入と同時に行う方法があります。

サイナスリフト

上顎の奥歯の上には「上顎洞(サイナス)」と呼ばれる大きな空洞があります。
奥歯にインプラントを埋入する場合、この上顎洞までの高さまでしかインプラントを埋入することができません。
上顎洞までの高さの不足が大きい場合、上顎洞を人工の骨などを埋めて高さを増す方法がサイナスリフトです。
全身麻酔や入院などをせず1時間程の手術です。
この手術後、半年程待てばインプラントを埋入することが可能となります。

ソケットリフト

上顎洞までの高さの不足が小さい場合、サイナスリフトを行わなくてもインプラントの手術と同時に上顎洞の底を押し上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。
インプラントを埋入する部分から押し上げるので、サイナスリフトの様な別日の手術が必要ありません。

スプリットクレスト

骨の高さはあるが幅が足りない場合に、特殊な道具を用いて隙間を押し広げながらインプラントを埋め込む方法です。
インプラントを埋入する時に同時に行うことができます。

症例はこちら 料金はこちら