博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>診療項目

| インプラント |

インプラントの治療法
少数の歯を失った場合

歯を少数失った場合には、失った歯1本に対し1本ずつインプラントを埋入します。
ブリッジの様に両脇の歯を削らずに済み、歯磨きも容易です。

多数の歯を失った場合

複数の歯を失った場合や残りの歯が重度の歯周病でブリッジが適応できない場合、保険診療では部分入れ歯(義歯)を用います。しかし部分入れ歯は、残りの歯と歯ぐきで支えらければならないため、それらへの負担は大きく、長期的には残りの歯も抜歯に至る場合も少なくありません。機能面では噛む力は小さく、違和感は大きくなります。
また、入れ歯が外れないように残りの歯にひっかけるクラスプ(バネ)が必要なため審美面でも劣ります。
歯を全て失った場合、保険診療では総入れ歯となり、顎の骨の吸収が大きい場合には入れ歯が外れやすく、食事や会話などの機能面、見た目の審美面でも満足のいくものとはなりません。
インプラントを用いるとこれらの問題が解決でき、作る歯の種類別に、ブリッジ、義歯の2種類の方法があります。

  • ブリッジ
    歯のない部分の両端に最低2本のインプラントを埋入し、ブリッジタイプの歯を作製します。
    義歯のように取り外し式ではなく、機能面・審美面で非常に優れています。
  • 義歯
    埋入したインプラントの上に特殊な装置(アタッチメント)を装着することで義歯を動かないように固定する事ができるため、食事や会話時に入れ歯が外れてしまうようなことがありません。
    アタッチメントにはバー・磁石など様々な方法があります。
    ブリッジに比べて必要なインプラントの本数が少ないため(最低2本)、少ない予算で作製することが可能です。