博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>診療項目

| 入れ歯(義歯) |

総義歯とは

歯が全て無い方に対して作る義歯です。
義歯は歯ぐきとその下にある顎の骨で支えられています。
顎の骨がしっかりしている場合、精密な義歯を作るだけでしっかり噛むことが可能です。
しかし、歯周病で顎の骨が無くなった状態や合っていない義歯を長期に使用し顎の骨がやせて小さくなった場合は、入れ歯が使用時に外れて動きやすく、機能面・審美面でも満足いくものができません。
また、噛み合わせの不安定な方も義歯がうまくいかない原因の一因となります。

総義歯の種類
金属床義歯
金属床義歯

義歯の大部分が金属になっており、その部分が薄くできるため、快適に使用できるのが特徴です。熱伝導性にも優れているため、食べ物の温度が歯ぐきに伝わり、食物の味を楽しむことができます。また、金属を多用しているので強度の点で勝り、義歯が壊れることが少ないので長期に使用することができます。

レジン床義歯
レジン床義歯

レジンというプラスチックを使用した義歯です。
レジンは作りやすく修理も容易ですが、薄く作製した部分は壊れやすいという欠点があり、長期の使用には耐えられません。
通常保険で作製しますが、保険外で作製する場合には精度の高い、特殊な装置を用いて作製します。