博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>診療項目

メインテナンス

通常の診療後のメインテナンス
通常の診療後のメインテナンス

歯の治療は、歯科医院での治療が終わったら全て終わりではありません。
詰め物や被せもの、義歯などを装着した場合、健全な天然の歯の場合よりも虫歯や歯周病のリスクは高い状態にあります。
従って、そのリスクを低く維持するには、毎日の歯磨きが最も大切です。
しかし、自分ではしっかり歯磨きしているつもりでも、どうしても歯磨きできてない部分などがあります。
従って、それらの部分をきれいにするために歯科医院でのメインテナンス(定期健診)を持続的に行うことが大切です。
メインテナンスの期間は、個人差もありますが、目安として3~6ヶ月に1回の割合で行うことが必要です。

 
インプラント治療をされた方のメインテナンス
インプラント治療をされた方のメインテナンス

インプラント治療は、手術が終わり、歯を作った時点で終了ではありません。
治療後のメインテナンスが非常に重要になります。
インプラント自体は、虫歯にはなりませんが、歯周病原因菌に対する抵抗力は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも速いため、インプラントの周りの顎の骨が溶ける病気:歯周病に罹患します
従って手入れの仕方が悪ければ、せっかくのインプラントを除去しなければならなくなります。
また、顎の骨と結合するため全く動かないので、天然歯の様な生理的動揺による調整が出来ず、噛み合わせのバランスも変わり易くなります。
インプラントを長持ちさせるには、日々のご自身のケアと、歯科医院で受けるプロフェッショナルケア、さらに噛み合わせの調整を定期的に受けていただくメインテナンスの必要があります。
メインテナンスの期間は、個人差もありますが、目安として3~6ヶ月に1回の割合で行うことが必要です。