博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>Q&A

インプラント

インプラント治療に年齢制限はありますか?
年齢の上限はありません。
年齢の上限はありません。 また、骨の成長がほぼ完了すると言われている16歳以上であれば、条件さえ整えば、どなたでもインプラント治療を受けられます。
インプラント治療をして身体に影響はないのですか?
体に全く影響はありません。
インプラントに使われる金属(チタン)は世界中でも最もアレルギーの起こりにくい金属と言われています。 実際、日本の保険で使われる金属(銀歯の金属)は、金銀パラジウム合金というものを使っていますが(金の含有率はわずか12%)、これらにアレルギー反応を起こす方が時々おられます。そういう患者様でどうしても口の中に金属を使わなければならない場合に使われるのがこのチタンです。 骨と結合する性質があり、重度の骨折を支えるためにも使われる金属ですので、体に全く影響はありません。
インプラントはどれぐらいもちますか?
毎日のキチンとしたお手入れと定期的なメインテナンスによって、半永久的にもちます。
インプラント自体はチタン製なので虫歯などにはならず、半永久的にもつと言えます。(ごく僅かですが破折する可能性はあります)。しかし、お手入れがしっかりしていないと天然歯と同様にインプラントを支えている骨を溶かす病気:歯周病のような状態になり、歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも急速に進行し、最終的にはぐらついて抜け落ちることもあります。インプラントを長持ちさせるためには、毎日のきちんとしたお手入れ(歯磨き)と定期的な歯科医院におけるメインテナンスが欠かせません。
実際には40年以上機能した前例があります(それ以上もつかもしれませんがその方は亡くなってしまいました)。