博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>医療設備案内

医療設備案内

CT(コンピュータ断層撮影機)


当院では歯科での普及率が6%程度と言われる、CT(コンピュータ断層撮影機)を完備しています。

通常のX線撮影では、歯やアゴの骨の状態を二次元でしか確認できないため、色々な病状(歯の根の病気や歯周病の病状)を見落としてしまう可能性は否定でき ません。CTを撮影することによって、あらゆる方向から三次元で歯やアゴ骨の状態を確認可能なため、詳細な診断が可能になります。
撮影時間も9.4秒と極めて短く、放射線の被曝量は、医科用CT撮影(頭部)の1/77~1/23以下です。
限られた病変(歯の神経の治療、歯周病の治療、親知らずの抜歯など)においては保険適用での撮影が可能です。
また、インプラントの手術をする際には、アゴの骨の状態を診査するには必ずCT撮影が必要であり、その後の定期診査にも非常に有効です。
医科用CT撮影に比べると少ないながらも、被爆のデメリットもありますので、必要に応じて使用し、診査・診断に大いに役立てます。

デジタルX線
 
image1 image2

当院では線撮影装置として、「デジタルX線」を導入しています。
今までのアナログ(フィルム)形式と比較し、X線被爆量が1/4、撮影時間が1/2に短縮できるため、X線の被爆量を少なく、待ち時間も少なくできます。
また、現像時間も1/10に短縮しているため撮影直後の確認が可能で、再撮影のためにX線撮影室に移動して頂く手間も省くことができます。
撮影した画像は診療台の液晶モニターで何倍にも拡大可能で、明るさやコントラストも自由に調整が可能なため、患者様にご納得のいくご説明が可能になってい ます。


拡大鏡
歯科の治療において、わずかなすき間や段差が問題になるような以下の場合、特に細かな単位(1/10mm以下)で見る必要性があります。
1.虫歯を削る時
2.詰め物をする時
3.技工士さんに作って頂いたかぶせ物が歯に適合いるかをチェックする時
4.歯の根の治療をする時
肉眼では見えないような、ほんの少しの虫歯の削り残しや、詰め物と歯のすき間から、虫歯が再発してしまうことがあります。また、歯の根の治療時には、神経の取り残しがある場合には、治療後の痛みの原因になります。
最新の知識・技術があっても、これらのものが見えていなければ確実な治療を行なうことはできません。
人間の肉眼では見えないような細かい治療を確実に行なうために、当院では、2.5倍の倍率で口の中を見ることができる拡大鏡を活用しています。
回転式根管治療器とニッケルチタンファイル
 
虫歯が大きく歯の神経(歯髄)まで達した場合、神経をキレイに取らなければ歯の痛みが治まりません。
この治療にリーマー・ファイルという道具を使うのですが、手を使ってこの道具を回転・上下動をさせながら神経を取っていくため、時間がかかる上、口が開きにくい方の奥歯は手が届きにくいことがあります。
また、曲がった根の神経を取る場合には、この道具がステンレス製のため歯の神経にそってうまく曲がることができず、神経を根の先まで取るのは困難な場合もあります。
そこで、この治療をより迅速・丁寧に行うために、新しい根管治療の器械:デンタポートZXと、その先に装着するニッケルチタン製ファイル:エンドウェーブ・TFファイルを導入いたしました。
●デンタポートZXの特徴:
・器械の先に回転式のニッケルチタン製ファイルを装着して根の治療を行うのですが、同時に歯の根の長さを測定することができます。
・ニッケルチタン製ファイルに無理な力がかかり、破折しないようにトルク(回転時の力)をコントロールすることができます。
・ニッケルチタン製ファイルの先端が根の先に近付くと自動で回転速度が遅くなり、根の先に達すると自動で逆回転になることによって破折を未然に防ぎます。
●エンドウェーブ・TFファイルの特徴:
・ニッケルチタン製のため、ステンレス製のリーマー・ファイルに比べて柔らかさ・しなやかさがあるため、曲がった根の神経を取るのに優れています。
・手を使うリーマー・ファイルよりも少ない本数で治療することができるので、治療時間を短くすることもできます。
インプランター
 インプラントを埋入するには、一定の速度で生理食塩水で冷却しながら骨を削らなければならないため、埋入用の専用の器機であるインプランターが必要となります。
このインプランター、色々な会社から各種出ているのですが、当院では日本メディカルマテリアル社製のインプランター・ネオブライトを使用しています。
  この製品の特徴は、以下の通りです。
1.先端にライトが付いているので、暗い口の中でも作業がしやすい(ライトが付いている製品はごく僅か)。
2.回転数やトルクの設定にメモリー機能があるため、骨を削る用途以外にもインプラントのアバットメント装着などの他用途に使用できる。
このインプランターを使用することにより、より正確により早くインプラントを埋入することが可能です。

オゾン水生成器
当院では、感染対策として、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)に加えて、オゾン水生成器を使用しています。
オゾン(O3)は、太陽からの紫外線を和らげる「オゾン層」で有名です が、その効能である強力な酸化作用により殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・脱色などに用いられ、食品業界では食品の洗浄・殺菌に利用されています。
欧米では歯科への利用もされており、日本では未認可の「ヒールオゾン」という器機は、虫歯や歯の神経の治療時の殺菌(塩素の7倍)に絶大な効果が示され ています。
また、この他のオゾンの特徴として、1.残留性がないため安全なこと(生成後20分以内に消滅してしまう)、2.耐性菌(殺菌剤が効かなくなる細菌)が できないこと、等が挙げられます。
このオゾン水生成器は、オゾンが溶け込んだ水を1ppmと4ppmの濃度で生成できるのが特徴です。手指の消毒や器具の洗浄・殺菌に使用することによ り、更なる感染対策に役立てたいと思います。
また、抜歯した後の傷の洗浄に使用した場合には、創傷治癒の促進効果があることや止血の促進にも効果があることが報告されているため、そのような症例に も応用予定です。
歯面清掃器
 当院では、歯の表面のバイオフィルム(フィルム状の膜に覆われている歯垢:プラーク)を破壊し、表面を滑沢にする時に用いる器具である歯面清掃器:ハン ディジェットを使用しています。
歯の表面のバイオフィルムを破壊し、表面をキレイにする一連の作業を、PMTCProfessional  Mechanical Tooth Cleaning) といいます。皆さんが毎日行っている歯ブラシやフロス等による歯磨きもこのバイオフィルムを取り除くのが目的なのですが、どうしても取り残しがあるのが現 実で、半年に1回は歯科医院にてPMTCを行うことをお勧めします。
歯科医院で行うPMTCは、1.歯石 の除去を行った後、2.特殊なブラシやシリコンチップを使い、3.専用の研磨剤を用いて歯の表面をツルツルに磨き上げ、4.最後にフッ素を塗布して歯の表 面の強化をしていく、のが一連の内容です。この時に併用するのがこのハンディジェットです。この器具は特殊なパウダーを歯の表面に吹きかけることによっ て、ブラシなどよりも効果的に歯の表面のステインやバイオフィルムを取り除くことができます。特に歯と歯の間のブラシが届きにくい所などに効果が発揮でき ます。
電動注射器
歯医者の嫌いな行為の1つに挙げられるのが、麻酔です。
この麻酔、ほぼ100%が局所麻酔です。
当院では麻酔を行う際に、以下のことに気を付け、患者様がなるべく痛くないように心がけています。
1.針を刺す所が痛くないように、表面麻酔を塗ります。
2.注射針として、市販では最も細い33G(直径0.26mm)の針を使用していますので、針を刺した時の痛みを最小になるようにしています。
3.手動の注射器ではなく、電動の注射器を使います。
この電動注射器を使うことによる利点に、以下の事が挙げられます。
4.手動の麻酔よりも長い時間をかけて、ゆっくりと麻酔薬が注入できるので、痛みを感じにくい。
5.注入時の圧力が一定以上になった場合には、自動でストップするので、患者様の痛みがでにくい。