博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>医療設備案内

| 医療設備案内 |

オゾン水生成器
当院では、感染対策として、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)に加えて、オゾン水生成器を使用しています。
オゾン(O3)は、太陽からの紫外線を和らげる「オゾン層」で有名です が、その効能である強力な酸化作用により殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・脱色などに用いられ、食品業界では食品の洗浄・殺菌に利用されています。
欧米では歯科への利用もされており、日本では未認可の「ヒールオゾン」という器機は、虫歯や歯の神経の治療時の殺菌(塩素の7倍)に絶大な効果が示され ています。
また、この他のオゾンの特徴として、1.残留性がないため安全なこと(生成後20分以内に消滅してしまう)、2.耐性菌(殺菌剤が効かなくなる細菌)が できないこと、等が挙げられます。
このオゾン水生成器は、オゾンが溶け込んだ水を1ppmと4ppmの濃度で生成できるのが特徴です。手指の消毒や器具の洗浄・殺菌に使用することによ り、更なる感染対策に役立てたいと思います。
また、抜歯した後の傷の洗浄に使用した場合には、創傷治癒の促進効果があることや止血の促進にも効果があることが報告されているため、そのような症例に も応用予定です。