博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

CTを導入いたしました
当院では歯科での普及率が6%程度と言われる、CT(コンピュータ断層撮影機)を導入いたしました。

通常のX線撮影では、歯やアゴの骨の状態を二次元でしか確認できないため、色々な病状(歯の根の病気や歯周病の病状)を見落としてしまう可能性は否 定でき ません。CTを撮影することによって、あらゆる方向から三次元で歯やアゴ骨の状態を確認可能なため、詳細な診断が可能になります。
撮影時間も9.4秒と極めて短く、放射線の被曝量は、医科用CT撮影(頭部)の1/77~1/23以下です。
限られた病変(歯の神経の治療、歯周病の治療、親知らずの抜歯など)においては保険適用での撮影が可能です。
また、インプラントの手術をする際には、アゴの骨の状態を診査するには必ずCT撮影が必要であり、その後の定期診査にも非常に有効です。
医科用CT撮影に比べると少ないながらも、被爆のデメリットもありますので、必要に応じて使用し、診査・診断に大いに役立てていきたいと思います。
 

投稿者 住吉歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
MTAセメントを導入いたしました
虫歯治療の覆罩剤(歯の神経を取らずにすむようにする薬)として評価が高い、MTAセメントのセラカルLCを導入いたしました。
虫歯の治療では細菌感染した歯質を除去することが重要ですが、不運にも虫歯が深く、歯の神経のごく近くまで虫歯が進行していた場合や神経まで虫歯が達している症例が多々あります。その場合以下の2通りの処置を行い、数日~数ヶ月経過を観察し、症状がない場合には歯の最終的な修復を行います。
 1.直接覆罩:虫歯が神経まで達してしまった場合に神経を保護する処置
 2.間接覆罩:虫歯が神経まで達してはいないが、神経までの距離が近いため神経症状がでないように神経を保護する処置
上記の処置時に使うのが覆罩剤ですが、その後の神経症状(何もしなくても痛い、熱いものを食べると歯が痛む等)を起こさない薬剤として評価が高いものとして、MTAセメントがあります。MTAとは Mineral Trioxide Aggregate の頭文字を取ったもので、強アルカリ(pH12)による殺菌作用(ほとんどの細菌はpH9.5で破壊されると言われています)と組織を刺激することによる硬組織形成作用があるといわれています。
日本でも2007年にMTAの薬事認可が下りました。
このMTAセメントとして、当院では光照射で硬化するため操作性の良いセラカルLCを導入いたしました。
ただし、この薬剤は保険適応外ですので、使用する場合は患者様の意向を確認してから使用いたします。


投稿者 住吉歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
拡大鏡を導入いたしました

治療時の精度を、より高めるため、拡大鏡を導入しました。
歯科の治療において、わずかなすき間や段差が問題になるような以下の場合、特に細かな単位(1/10mm以下)で見る必要性があります。
1.虫歯を削る時
2.詰め物をする時
3.技工士さんに作って頂いたかぶせ物が歯に適合いるかをチェックする時
4.歯の根の治療をする時
肉眼では見えないような、ほんの少しの虫歯の削り残しや、詰め物と歯のすき間から、虫歯が再発してしまうことがあります。また、歯の根の治療時には、神経の取り残しがある場合には、治療後の痛みの原因になります。
最新の知識・技術があっても、これらのものが見えていなければ確実な治療を行なうことはできません。
人間の肉眼では見えないような細かい治療を確実に行なうために、当院では、2.5倍の倍率で口の中を見ることができる拡大鏡を導入いたしました。
治療の精度を更に高められるよう、この拡大鏡を活用してしていきます!

投稿者 住吉歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新しい根管治療(歯の神経の治療)の器械を導入いたしました


虫歯が大きく歯の神経(歯髄)まで達した場合、神経をキレイに取らなければ歯の痛みが治まりません。
この治療にリーマー・ファイルという道具を使うのですが、手を使ってこの道具を回転・上下動をさせながら神経を取っていくため、時間がかかる上、口が開きにくい方の奥歯は手が届きにくいことがあります。
また、曲がった根の神経を取る場合には、この道具がステンレス製のため歯の神経にそってうまく曲がることができず、神経を根の先まで取るのは困難な場合もあります。
そこで、この治療をより迅速・丁寧に行うために、新しい根管治療の器械:デンタポートZXと、その先に装着するニッケルチタン製ファイル:エンドウェーブ・TFファイルを導入いたしました。
●デンタポートZXの特徴:
・器械の先に回転式のニッケルチタン製ファイルを装着して根の治療を行うのですが、同時に歯の根の長さを測定することができます。
・ニッケルチタン製ファイルに無理な力がかかり、破折しないようにトルク(回転時の力)をコントロールすることができます。
・ニッケルチタン製ファイルの先端が根の先に近付くと自動で回転速度が遅くなり、根の先に達すると自動で逆回転になることによって破折を未然に防ぎます。
●エンドウェーブ・TFファイルの特徴:
・ニッケルチタン製のため、ステンレス製のリーマー・ファイルに比べて柔らかさ・しなやかさがあるため、曲がった根の神経を取るのに優れています。
・手を使うリーマー・ファイルよりも少ない本数で治療することができるので、治療時間を短くすることもできます。
これらの器械の導入によって、時間がかかりやすい歯の神経の治療がより迅速・丁寧に行えるよう、心がけていきたいと思います。

投稿者 住吉歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯面清掃器を導入いたしました


歯の表面のバイオフィルム(フィルム状の膜に覆われている歯垢:プラーク)を破壊し、表面を滑沢にする時に用いる器具である歯面清掃器:ハンディジェットを導入いたしました。
歯の表面のバイオフィルムを破壊し、表面をキレイにする一連の作業を、PMTCProfessional  Mechanical Tooth Cleaning) といいます。皆さんが毎日行っている歯ブラシやフロス等による歯磨きもこのバイオフィルムを取り除くのが目的なのですが、どうしても取り残しがあるのが現実で、半年に1回は歯科医院にてPMTCを行うことをお勧めします。

歯科医院で行うPMTCは、1.歯石の除去を行った後、2.特殊なブラシやシリコンチップを使い、3.専用の研磨剤を用いて歯の表面をツルツルに磨き上 げ、4.最後にフッ素を塗布して歯の表面の強化をしていく、のが一連の内容です。この時に併用するのがこのハンディジェットです。この器具は特殊なパウ ダーを歯の表面に吹きかけることによって、ブラシなどよりも効果的に歯の表面のステインやバイオフィルムを取り除くことができます。特に歯と歯の間のブラ シが届きにくい所などに効果が発揮できます。
 
投稿者 住吉歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1