博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>診療項目

入れ歯(義歯)

義歯とは
保険義歯

義歯(入れ歯)は、複数の歯を失った場合に口の機能的・審美的回復を図るために用いる、患者様自身が取り外し可能な補綴装置です。
歯を補う方法としてはインプラントによる治療が増えていますが、これは万人に適応できる治療ではありません。
全身疾患があり手術が出来ない方、手術に恐怖心がある方、時間に余裕がない方など様々です。
この場合、義歯を使うことになりますが、近年の義歯材料の進歩により、機能的・審美的回復が可能な義歯を作製することができます。
しかし、義歯の材料が進歩したとしても、そこに人間が行う義歯の設計・作製などの工程がある以上、技術差は歯科医院間で顕著にあらわれます。
当院では、患者様の口の状態に合った義歯作りを目指しています

 
総義歯とは

歯が全て無い方に対して作る義歯です。
義歯は歯ぐきとその下にある顎の骨で支えられています。
顎の骨がしっかりしている場合、精密な義歯を作るだけでしっかり噛むことが可能です。
しかし、歯周病で顎の骨が無くなった状態や合っていない義歯を長期に使用し顎の骨がやせて小さくなった場合は、入れ歯が使用時に外れて動きやすく、機能面・審美面でも満足いくものができません。
また、噛み合わせの不安定な方も義歯がうまくいかない原因の一因となります。

総義歯の種類
金属床義歯
金属床義歯

義歯の大部分が金属になっており、その部分が薄くできるため、快適に使用できるのが特徴です。熱伝導性にも優れているため、食べ物の温度が歯ぐきに伝わり、食物の味を楽しむことができます。また、金属を多用しているので強度の点で勝り、義歯が壊れることが少ないので長期に使用することができます。

レジン床義歯
レジン床義歯

レジンというプラスチックを使用した義歯です。
レジンは作りやすく修理も容易ですが、薄く作製した部分は壊れやすいという欠点があり、長期の使用には耐えられません。
通常保険で作製しますが、保険外で作製する場合には精度の高い、特殊な装置を用いて作製します。

部分義歯とは

部分的に歯を失った部位に入れる義歯をいいます。
主に3本以上連続して失った歯の部位や、最後方の歯でブリッジが入れられない部位に使われます。
残っている歯にクラスプというバネをかけ、欠損部の歯ぐきでも噛む力を負担するので、残っている歯への負担を分散させるためにも、出来るだけ多くの歯にクラスプをかけることが必要です。

部分義歯の種類
金属床義歯

総義歯と同様、義歯の大部分を金属で作製する義歯です。
レジン床義歯に比べ薄く仕上げることができるため、装着感が優れています。

レジン床義歯

総義歯と同様、義歯の大部分をレジン(プラスチック)で作製する義歯です。
金属床義歯に比べ厚く大きくなる傾向にあり、装着感が劣ります。通常保険で作製します。

ノンクラスプ義歯

義歯の一部を弾性のある素材で作るため、残りの歯にひっかけるクラスプ(バネ)をピンクの素材で作ることができ、その部分が金属の様に目立たないというメリットがあります。
ただし、無くなった歯の本数や部位によっては使うことができない場合もあります。

マグネット義歯

残っている歯に金属板を装着し、義歯にマグネット(磁石)を入れることで、義歯をぴったりと吸着させるものです。
残っている歯が少ない場合や、歯の根が小さい場合には十分な吸着力が発揮できない場合もあります。
また、MRI等の医科での検査機器の撮影に影響を与える可能性があり、脳血管障害の既往歴があり定期的に脳のMRI撮影をする方にはお勧めできません。

アタッチメント義歯

マグネット義歯と同様、残っている歯にボタンの凸状の金属板を装着し、義歯には凹状のプラスチックを入れることで、義歯をぴったりと吸着させるものです。
長期間使用すると義歯に装着しているプラスチックが劣化して義歯が外れやすくなるので、定期的にプラスチックを交換する必要があります。

症例はこちら 料金はこちら