博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>当院のこだわり

| 当院のこだわり |

学会発表

 

1. 松家洋子 王丸寛美 住吉圭太 他. 九州大学病院歯科医師臨床研修における協力型施設と研修歯科医のマッチング. 第25回日本歯科医学教育学会. 仙台. 2006.
2. 中川雅晴 住吉圭太 他. 九州大学歯学部におけるWebCTを用いたe-Learningシステムの構築. 第25回日本歯科医学教育学会. 仙台. 2006.
3. 王丸寛美 住吉圭太 他. 九州大学病院口腔総合診療科における卒後教育環境評価への取り組み. 第25回日本歯科医学教育学会. 仙台. 2006.
4. 秋山陽一 住吉圭太 他. 研修歯科医への小矯正実習. 第25回日本歯科医学教育学会. 仙台. 2006
5. Matsuya Y Nakano A Miyatake S Sumiyoshi K et al. Post-operative Sensitivity of Composite-resin Restorations with Self-etch Adhesives . 83rd General Session & Exhibition of the IADR. Baltimore. 2005.
6. 住吉圭太 他. 九州大学病院研修歯科医を対象としたOSCEの概要. 第24回日本歯科医学教育学会. 徳島. 2005.
7. 伊吹禎一 住吉圭太 他. 九州大学病院における歯科卒直後研修についてのアンケート調査. 第24回日本歯科医学教育学会. 徳島. 2005.
8. 住吉圭太 他. OSCEトライアル後の学生実習に関するアンケート調査. 第23回日本歯科医学教育学会. 新潟市. 2004.
9. 伊吹禎一 住吉圭太 他. 九州大学病院歯科部門臨床研修医の感染対策に対する意識調査. 第23回日本歯科医学教育学会. 新潟市. 2004.
10. Matsuya Y Miyatake S Unemori M Bunno E Sumiyoshi K et al. Clinical Evaluation of Composite Resin Restorations with Self-Etching Adhesive Systems. 81st General Session & Exhibition of the IADR . Göteborg. . 2003.
11. 住吉圭太 他. 九州大学歯学部における歯学OSCEトライアルの概要. 第22回日本歯科医学教育学会. 長崎. 2003.
12. Tanaka M Ogawa T Aizawa S Sumiyoshi K et al. Marginal adaptation of temporary crowns in different polymerizing conditions. 76th General Session & Exhibition of the IADR. Nice. 1998.
13. Sumiyoshi K et al. Incisal chewing patterns characterized by movement coordination of bilateral condyles. 76th General Session & Exhibition of the IADR. Nice. 1998.
14. Ogawa M Ogawa T Koyano K Ichiki R Yamada R Tsukiyama M Sumiyoshi K et al. Inclination of canine guidance and condylar movement pattern during laterotrusion. 75th General Session of the IADR. Orland. 1997.
15. Yamada R Koyano K Ogawa T Tsukiyama M Sumiyoshi K et al. Effects of head posture on habital opening and closing movement. 75th General Session & Exhibition of the IADR. Orland. 1997.
16. Ichiki R Koyano K Yamada R Ogawa T Tsukiyama M Sumiyoshi K et al. Occlusal force distribution on implant superstructure at different clench levels. 75th General Session & Exhibition of the IADR. Orland. 1997.
17. 古谷野潔 市来利香 小川隆広 築山美和 築山能大 住吉圭太 他. スプリントの装着が睡眠時咬筋筋活動に与える影響. 第10回日本顎関節学会総会. 札幌. 1997.
18. 荻本多津生 小川隆広 住吉圭太 他. 習慣性咀嚼の自覚と臨床検査との関連性. 第10回日本顎関節学会総会. 札幌. 1997.
19. 住吉圭太 他. 咀嚼時の切歯と大臼歯の運動経路の関連性. 日本顎口腔機能学会第11回学術大会. 大阪. 1996.
20. 小川隆広 古谷野潔 荻本多津生 住吉圭太 他. 側方偏心位における咬合接触状態:咬頭嵌合位付近の接触様相. 日本顎口腔機能学会第11回学術大会. 大阪. 1996.
21. Sumiyoshi K et al. Differences among incisal and bilateral molars movement patterns during mastication. 74th General Session & Exhibition of the IADR. San Francisco. USA". 1996.
22. 相沢茂 住吉圭太 他. 前方および側方滑走運動経路による習慣性咀嚼側の判別法の検討. 平成8年度日本補綴歯科学会九州支部学術講演会. 宮崎. 1996.
23. 荻本多津生 小川隆広 古谷野潔 築山美和 住吉圭太 他. Young Adult における側方滑走運動の進行に伴う咬合接触部位の推移. 平成8年度日本補綴歯科学会九州支部学術講演会. 宮崎. 1996.
24. 小川隆広 古谷野潔 築山美和 住吉圭太 他. 咀嚼運動における咬合平面の役割. 第18回九州大学生体材料・力学研究会. 福岡. 1996.
25. 住吉圭太 他. 咀嚼時の切歯点と大臼歯点の矢状面内経路の関連性. 第96回日本補綴歯科学会学術大会. 札幌. 1996.
26. 小川隆広 古谷野潔 山田隆司 小川真里 住吉圭太 他. 側方偏心位における平衡側接触の頻度. Asian academy of craniomandibular disorders 日本総会. 仙台. 1996.
27. 小川隆広 古谷野潔 住吉圭太 他. 咬合平面と咀嚼閉口路との垂直的な関係. 日本顎口腔機能第6回学術大会. 東京. 1995.
28. 小川隆広 古谷野潔 築山能大 住吉圭太 他. 咬合平面と咀嚼閉口路の垂直的な関係. 日本顎口腔機能第6回学術大会. 東京. 1995.
29. 住吉圭太 他. 咀嚼時の切歯と大臼歯の運動パターンについて. 第93回日本補綴歯科学会学術大会. 横浜. 1995.
30. 住吉圭太 他. 咀嚼時における切歯・顆頭運動について. 第92回日本補綴歯科学会学術大会. 鹿児島. 1994
31. 住吉圭太 他. 正常者におけるスプリント装着前後の咀嚼運動の解析. 第90回日本補綴歯科学会学術大会. 北九州. 1993.