博多区にあるインプラントの歯医者さんといえば|住吉歯科医院
HOME>当院のこだわり

| 当院のこだわり |

原著論文
1. Ogawa T Ogimoto T Sumiyoshi K et al. Pressure-pain threshold of oral mucosa and its region-specific modulation by pre-loading. J Oral Rehabi l:1062-1069. 2003.
2. Ogawa T Ogimoto T Sumiyoshi K et al. Pressure-pain threshold determination in the oral mucosa: validity and reliability. J Oral Rehabil :620-626. 2002.
3. Ogawa T Koyano K Tsukiyama M Tsukiyama Y Sumiyoshi K et al. Difference in the mechanism of balancing side disclusion between 1st and 2nd molars. J Oral Rehabil :430-435. 1998.
4. 荻本多津生 小川隆広 梅本丈二 住吉圭太 他. 問診による習慣性咀嚼側の判定法の検討ならびに臨床検査結果との関連. 日顎誌 : 398-409. 1998.
5. 小川隆広 住吉圭太 他. スタビライゼーションスプリント装着後の咬合接触の変化と回復. 日顎誌: 410-422. 1998.
6. Koyano K Ogawa T Sumiyoshi K et al. Effect of occlusal splint on masticatory movement in healthy individuals. J Craniomandib Pract: 127-131. 1997.
7. 住吉圭太 他. 前頭面・矢状面における切歯点と両側大臼歯点の咀嚼運動パターン. 補綴誌: 210-215. 1997.
8. 村井健二 竹下文隆 磯辺量子 住吉圭太 他. より正確な作業模型のためのチェアサイドにおける工夫. 日口腔インプラント誌: 105-109. 1997.
9. 住吉圭太 他. 咀嚼時の切歯点と大臼歯点における咬頭嵌合位付近の運動経路. 顎機能誌: 51-58. 1997.
10. 小川隆広 古谷野潔 築山美和 住吉圭太 他. 矢状面内咀嚼閉口路に及ぼす咬合平面傾斜度と歯牙ガイドの影響. 補綴誌: 1142-1146. 1996.
11. 住吉圭太 他. 正常者の咀嚼運動経路の安定性に関する研究. 補綴誌: 1036-1042. 1996.
12. 住吉圭太 他. 正常者の咀嚼運動経路に関する研究. 補綴誌 : 535-541. 1996.
13. 末次恒夫 西田圭一 藤田和宏 原田宙 古賀美香 住吉圭太. 口腔インプラント臨床の現状調査  -日本口腔インプラント学会評議員を対象とした調査-. 日口腔インプラント誌: 142-157. 1993.